保険相談で見つめなおす生命保険|Insurance plan

相談方法を選ぶ

家計のやりくりに困ったら

がんばっているのになかなか貯金ができない、という人は多いといいます。 将来の年金もどのくらいもらえるのかよくわからない以上、それにそなえてできるだけ老後資金を貯めておきたいですよね。 でも、住宅ローンや食費、光熱費に教育費、保険費などに娯楽や服飾費などを加えると毎月ぎりぎりになってしまい、どこをどう削ったらいいのかわからない場合、健全な家計のやりくりはできません。 支出が足りないなら、収入を増やせばいいような気もしますが、全ての人が働けるわけではありませんし、収入が増えてもその分使ってしまう可能性もあります。 家計を見直すためには、お金のプロであるフィナンシャルプランナーに相談することをおすすめします。

ファイナンシャルプランナーに相談する

ファイナンシャルプランナーは、国家資格などを持っているお金のプロです。 家計相談を受けたら、家族構成や一ヶ月の収入、生活環境などから適切なアドバイスをしてもらえます。 ファイナンシャルプランナーは、ネットでフリーの方を探して、その方と直接相談したり、ネット上で相談したりも可能です。 ファイナンシャルプランナーの方宛てに家計の支出を書いて郵送し、相談結果を郵送で送ってもらうようなサービスもあります。 また、ファイナンシャルプランナーの方は、毎月の貯金の仕方のアドバイスもしてくれます。 一方的な指導でなく、環境や状況などをよくヒアリングした上でのアドバイスになるので、実際に家計に反映しやすくなることが最大のメリットになります。